トップページ > 快晴7 人生は習慣の織物である

快晴7 人生は習慣の織物である

10月 2nd, 2010

いつもありがとうございます。

Kテニススクールは開講して半年が経ちました。あっという間のような気もしますが、どちらかというとまだ半年しか経っていないの!というのが私の正直な感想です。

スタート時のレッスン風景を思い出してみるとこの半年で全体的にかなりテニス技能のレベルは向上してきました。そうかな~、と首をひねる親御さんもいらっしゃるかもしれませんが着実に成長しています。(当初のはちゃめちゃなレッスン風景を撮影しておけばよかったと思っているくらいです。)

さて今回のテーマは“習慣”についてです。「人生は習慣の織物である」とスイスの哲学者アミエルは言っていますが本当に習慣というのはその人の人格を形成するうえで大きな要素になります。考えてみればごくあたりまえのようなことですが毎日繰り返せばそのことがその人の生き方、人格に影響を与えないはずはありません。

さて皆さまはどんな良習慣をお持ちでしょうか。(三食欠かさずお腹いっぱい食べるというのはなしですよ!)例えば、朝起きたら欠かさずご先祖様に手を合わせる、家族全員に自分からあいさつする。毎日掃除をする。姿勢よく座る。寝る前にストレッチを行う、良書を読む。毎日こどもに本を読んであげる、学校での出来事をじっくり聴いてあげる。くつを揃える、椅子は入れる。などなど挙げればきりがありません。

自然とできていることもあるかと思いますが、そうした方がいいと思いながらできていないことがあるのではないでしょうか。この機会にぜひ習慣の見直しを行ってみませんか。

とはいえ習慣となるまでが大変で、私も何度挫折したかわかりません。やはりそこには決意、根気、そしてなにより工夫が必要でしょう。

なんだか“ダイエットのすすめ”のような文句になってきましたが、決意と根気はどうもという方も今回は“工夫”に注目してみてください。

ポイントは、短時間、タイミング(朝・寝る前・通勤時間)、宣言、最初の100日間(軌道にのるまでの期間)、そしてワクワク感です。こどもを躾ける場合はとにかく例外なく断固としてやらせることに尽きると思います。

私の場合は、息子に毎朝マラソンをするぞ、と宣言してしまったのでしんどくても朝は起きなければならない状況にもっていってしまいました。車に乗る時間が増えたので英会話(スピードラーンニング)の教材を購入して運転中はそれを流すようにしています。起きたらハガキを一枚書くことに決めています。息子には幼児の頃からくつを脱いだら揃えるようしつこく躾けてきたので今では習慣になっています。息子の成長を望むことはもちろんですが、マラソンで私の体力はアップします。英語が話せれば今後の仕事や人生に広がりがもてます。ハガキを書き続ければ低い文章能力が養われ相手の方ともよい関係を築けます。これが私のワクワク感となり続けるためのモチベーションになっています。

今トライしているのは息子と就寝前に素読(論語)を行うことです。姿勢を正して短い10項目ほどの文を私の後について素読させています。論語は文が短くリズム感もあり素読には最適なようです。5分程度でできるのもよいところです。

人それぞれの生活パターンやリズムがありますので、そのなかに無理のないよう短時間でできることをはめ込むのがコツかもしれません。

なにごとも工夫が大切ですね!ただ、やはり最初の100日間は例外を作らない決意と石にかじりついても続けるのだ!という根気は残念ながら必要かもしれません。

Comments are closed.

トップページ > 快晴7 人生は習慣の織物である